BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの忘れ残りの記

『黒牢城』



予想に違わぬ面白さ。
一気読み。

作者の筆力に圧倒される。

傑物vs傑物の、存在を懸けた心理戦。
スポンサーサイト



[ 2022/07/02 14:59 ] 読 書 memo-memo | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
50代 ♂

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!
月別アーカイブ