BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの忘れ残りの記
月別アーカイブ  [ 2018年01月 ] 

『屍人荘の殺人』

『屍人荘の殺人』


デビュー作にして前代未聞の3冠!
『このミステリーがすごい!2018年版』第1位
『週刊文春』ミステリーベスト第1位
『2018本格ミステリ・ベスト10』第1位

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。
合宿一日目の夜、映研のメンバーたちは肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。
緊張と混乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった……!!
究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!
奇想と本格ミステリが見事に融合する第27回鮎川哲也賞受賞作!   -amazon より-



宣伝文句が大げさで、少々胡散臭くも感じたが

久々にハードカバーを購入しようという決心がついた作品。

一気読み。

いわゆる「本格派」ミステリーで、懐かしいいい気分になった。

作中にも『十角館の殺人』-綾辻行人-が出てくるし、それを読んだ学生時代を想起させられた。


読みやすく(好みの分かれるところか)、続編にも期待したい。

○○○については、
種々のレビューで図らずも事前に知ってしまっていたが
それでも十分に読ませるところが、本作の魅力。

もっと若い時期に読んでいたらな…もっと面白かったと思う。



スポンサーサイト



[ 2018/01/27 12:32 ] 読 書 memo-memo | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
アラフィフ ♂
〇社会福祉士取得

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!
月別アーカイブ