BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの忘れ残りの記

とほほ…生徒会役員選挙もあるのだ。

ここが学校であることを再認識することの一つに、生徒会もあるという点。


近々、生徒会役員選挙があり、僕が立候補者の応援演説をすることに。

立候補したのが、近しいメンズだったので、立場的に僕がその役を引き受けるしかなく、

本当は、人前で話しなぞ絶対にしたくはないのだが、

他に適当な人がいない以上、仕方がない。

応援したい気持ちは無論MAXなのだが、

人前での演説となると別問題で、おとっあんとしても、心が痛くなる。


いかんせん、
看護学校には男が少ないから、何をするにも、男に振り分けられる仕事が多くなる。

授業中に教室で発表することさえ、声が出にくく、

身体が固まってしまうことも多い昨今、

(単なる緊張しいか、はたまた、軽いパニック・社会不安障害か。
大失敗した体験のトラウマか。フラッシュバックか。
それとも社会的に引きこもっている期間が長いせいか。)

大勢が参集する体育館という舞台で、いったいどうなることだろう。


テスト勉強に傾注するべきこの時期に、悩ましいことが多すぎて、悶絶必至。

無理やりにでも、

「いまが人生最後の青春時代だ」と思いこみたいおとっあんである。





スポンサーサイト



[ 2016/05/25 17:39 ] 看護学生 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
アラフィフ ♂
〇社会福祉士取得

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!
月別アーカイブ