BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの忘れ残りの記
月別アーカイブ  [ 2015年12月 ] 

モモと流星とさつまいも

こう寒くなるとやはり暖を取りたいのか、
風来坊のモモが最近よく家の中に入ってこようとする。

早朝、愛犬ジャックの散歩に出ようとドアを開けると、玄関で待ち構えているし、
(こういう時は玄関先でエサを与えてやります。)

夜は、居間の網戸に身体をアタックさせて、「入れてくれアピール」をする。
シロと違い、モモは以前、
何度か部屋の中におしっこをしたことがあるので基本は入れないが、冬は少しだけ温情をかけてやる。
炬燵の中で二匹が丸まっている光景はなかなか絵になる。

ちなみにモモとシロは四姉妹のうちの二匹で、三女・四女にあたる。
長女のサクラと次女のあんずは、
共に事故で短い生涯を終え、今は天国にいる。 

先日、モモにエサをやったあとのジャックの散歩中、
これがまた凛とした冷気の冴える朝で、西の空に一瞬の流星を見る。
そういえばニュースか何かで話題が取り上げられていたような気がしたものの、流星群の名前は思い出せない。

さて、最近、
仕事では寒さに震えながらさつまいもをひたすらゴシゴシ洗っていることが多く、
人生の不条理を呪っているおとっつあんであるのだが
作業で余ったさつまいも(見栄えは悪く出荷はできないが中身はキレイナ代物)を茹でると、ジャックの大好物となる。

人、いぬ、ねこ、それぞれの年の瀬である。

スポンサーサイト



[ 2015/12/19 16:07 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
アラフィフ ♂
〇社会福祉士取得

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!
月別アーカイブ