BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの忘れ残りの記
月別アーカイブ  [ 2014年10月 ] 

3回目にてその本を買う

三か所目の書店にて、この本を手にすること都合三回目となった本日、ようやく買う決断をする。

【読みたいリスト】に放り込んでおいてからは、僕としてはこれでも早めの(着手)となる。

決断の決め手は、この書店には「ないと思ったらあったから」だ。

店内の検索機で当該本を探すと、
「在庫わずか」と表示されたので(数日前に来た時は「在庫なし」だった)、
げっマジかっと、その「詳細シート」をプリントアウトして、
出版社別に分かれた文庫本の書架を懸命に探すも見当たらない。

結句、店員にそのシートを渡して探してもらうも見当たらない。

5分経つ。2人目の店員も本探しに加わる。

それほど大きい書店でもなく、
僕は自分で事前に隈なくチェックしていたので、「店員さん、そこにはないですよ」と思うも、
万一を期待していたが、
さすがにこうだと、ないなと諦めていた。

10分経ち、3人目の店員も加勢する。
さすがに恐縮して「もういいですよ」と言おうとしたら、「ありました!」と。

出版社別の文庫本コーナーではなく、
海外物の新刊文庫本コーナーにわずか二冊だけ平積みされていたのだった。

本との出合いも一期一会。
これも何かの縁。買うしかない。

というわけで、ようやく入手の運びとなる。



店員さん、ありがとう!

スポンサーサイト



[ 2014/10/26 16:31 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
アラフィフ ♂
〇社会福祉士取得

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!
月別アーカイブ