BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの忘れ残りの記
月別アーカイブ  [ 2014年09月 ] 

高原の風車

月1回弁当持参での遠出。

この度は、デイケアから約1時間かけて放牧牛と風力発電用の風車がある高原へ。

マイクロバスで、利用者さんとスタッフ含めて約20名の参加。

無論、地元情報には滅法疎い僕は初めて行く場所である。

時節柄、山小屋風のロッジや土産物屋には人気はなく、
ツーリングのライダーがバイクを止めて一服している姿があるだけである。

高原というだけあって、ほぼ山頂なので風が強く、上着1枚持参して正解だった。
上着とマスクがなければ、鼻水地獄で苦しんでいたことだろう。

昨年は霧による視界不良と寒さで散々だったらしいが、
陽光が心地よく、ここからは遠く海峡の大橋、そして大海が見通せる。

高原に据え付けられた、神話に出てきそうな巨大な幾基もの風車は圧倒的、見上げる首が痛くなる。

こんなドデカイ物をよくこんな山奥に建ててみせたものだなと感心していると、
たまに落ちている牛の糞を踏みそうになるから要注意ではある。

「仕事なのか、自分のリフレッシュなのかよくわからないが、まいいか」と、
今日もまた、人生についての思索を深める初秋の高原のおとっあんなのだった。




スポンサーサイト



FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
アラフィフ ♂
〇社会福祉士取得

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!
月別アーカイブ