BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの忘れ残りの記

「KINGDOM」見るべきか見ざるべきか

キングダム』 -54巻-

コミック版の発売日が実写版映画の公開日であった。
先方もなかなかに、憎い手を打ってくるものである。
54巻というとてつもない数字にももう慣れてきたが、新刊が出た以上、買わないという手はない。

400764.jpg

実写版「KINGDOM」の番宣で、もろもろの役者たちがテレビに出ており、僕は比較的冷静にその動向を遠くから見ていた。映画館にて本作を見ることはないだろうと思っていた。

原作を実写版が汚すことが忍びないからであるが、種々のレビューを見ると、それはそれで許容できるのではと、思うようにもなった。さらには、滅多にそんなことを言わない家人が、本作を見てみたいとも言うので、心が少し揺らいでいる。

悩みどころではある。



スポンサーサイト



[ 2019/04/22 17:53 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

『キングダム』

キングダム


ふとしたきっかけで、動画サイトでアニメ版を見て心が動いた。

アニメや漫画はほとんど興味もなかったが、本作は無類の面白さで、久々にハマった。

現在、コミックを一気読みしている次第。

本作の存在を、他の人より10年ほども遅れて知ったことになるが、(週刊誌で目にしたことは確かにあったが、絵に共感できずに、スルーしたはず)生きている間に出会えてよかった。

老眼鏡をかけて読むのは難儀するが、至福の時間を与えてくれる。


すごいぞっ、キングダム!






[ 2018/08/20 17:14 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

始動

長い春休みが終わった。

2年間をかけて、今春、准看護師の資格を得ることができた。

いよいよまた、新たな学校生活が始まる。

このたびは、3年をかけて、
看護師をめざすことになったが、自身の能力や体力には自信があるわけではない。


いけるところまで、やってみる。

ただそれだけである。

またしても、自分の子供と同年代の仲間や圧倒的多数の、
圧倒的タフな女子たちと「学生」生活を送るパワーが、
こんなおとっつあんにも、残っていてほしいものである。





[ 2018/04/03 20:40 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

よくやった藤井そうたん!

将棋の最年少プロ、藤井聡太五段(15)は17日、東京都千代田区で指された朝日杯オープン戦本戦の準決勝で羽生善治棋聖(47)=竜王=を破り、決勝で広瀬章人八段(31)に勝ち、中学生初の一般棋戦優勝を果たした。加藤一二三・九段(71)の記録を63年ぶりに塗り替える15歳6カ月の最年少優勝の記録を樹立し、わずか16日で中学生初の六段に昇段した。-infoseek news-



Abema TVに感謝。

この歴史的瞬間を生で見られるとは。

学生時代、若き羽生が時の名人をなぎ倒して伝説を作る将棋もみてきた。
数十年後に、
自分と同じような伝説を作り始めた若者が、盤面を挟んで対峙し、自分を負かす…
羽生の心境は、どのようなものだったろう。

絶対王者、生ける伝説羽生竜王に勝ってしまうとは。
藤井そうたん、若武者らしく正々堂々戦った。

この時点でもう十分と思ったが、さらには決勝でも勝ってしまうとは。

将棋の強さは無論、そのキャラが愛すべきだ。
インタビューでも大人然としていて、
おそらく日本で指折りの礼儀正しい15歳ではないか。

藤井そうたんと、羽生永世7冠の対決は、今後も楽しみでならない。

あかんっ!
明日資格試験だというのに、将棋に釘付けになる。

そういえば、試験前の自宅学習に入って以来、ほとんどその対策がやれなかった。

いくつになっても、この弱い自分にあきれてしまう。

ま、とにかく明日は、自分なりに全力を尽くしたい。



[ 2018/02/17 19:30 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

藤井4段-炎の29連勝-


昨日の敗戦で、将棋棋士 藤井聡太4段の連勝が29で止まった。

今の時代はリアルタイムでネット中継を視聴できるから、将棋の好きな僕たちにとって幸せなご時世である。

彼の始まったばかりの棋士人生を思うと、これから幾重もの壁を突破しなければならないが。

大成する可能性が大きいが、勝負の世界だから、一寸先は闇。

二十歳過ぎればただの人…

なんてことにならないといいな。

さすがに彼の場合、これは杞憂だろう。

この新星の登場は、棋界にとってかけがえのないものになるだろう。

14歳を思えば、弱くないと思うが、まだ、そんなに強いとも思わない。

これから雲の上で犇めいている、
あまたの強豪たちと対戦して、力をつけていく必要があろう。

羽生たちとのタイトル戦も見たいし、

人間が勝ったことがないポナンザとの勝負も楽しみだ。


[ 2017/07/03 07:27 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

仕事を始める

2月末からまた新たに仕事を始め、ようやく1か月が過ぎ去った。

全身の筋肉がバキバキ音を立てており、仕事終わりにはバタンQとなる。

何の因果か、この職場も、老いも若きも女性がやけに強烈な個性と荒ぶる感情を放ち、眉を顰めることもおおい。

女性はなぜ陰口が好きなのか、これは永遠の謎だ。

いかんせん、
またしてもオールドルーキーの僕は、
仕事を一から教わる立場だから、何を言われようがじっと我慢するしかないのがつらいところではある。

准看護学科の方は、
現在はつかの間の春休みということで、必然的に終日勤務となる。

すなわち、休みが休みではないというのがまたつらいが、せんかたなし。

こんな僕でもこの職場に慣れるかな。



[ 2017/03/25 18:55 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

夏の夜の光陰に身を包んで歩く

夕方から始まる仕事は23時までが一応の勤務時間となっている。

わずかの時間で全身に汗が噴き出す夕刻から、

太陽が沈ゆっくりんで、徐々に辺りが暗くなる。

屋外と屋内を頻繁に移動し、業務をこなす。

ほとんど何かをして歩いている感じだ。

汗が出て、汗が冷やされ、この繰り返しはあまり好きではない。


遠くで花火が打ち上げられている。


学校と仕事で気ぜわしいためか季節感がない。

知らぬ間に8月になっていた。

夏の夜の光陰に我が身を包む。

ジャカルタの夜を歩いた日々をふと思う。


仕事終わりに歩数計を見たら、

12,500歩を示していた。


[ 2016/08/02 17:25 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

【社会福祉士】合格。❀

3/15 社会福祉士:合格発表の日。

恐る恐るではなく、淡々と、合格者発表のwebページを見てみる。

受験番号が目に入り、何度も確認し、ようやく一安心。 
自己採点もしてなかったし、受験後の手ごたえでは、五分五分くらいかなと感じていた。

今回は初めての受験で、スタートが10月からだったので、

あまりにも学習時間が不足していると自分が一番わかっていた。

合格率は30%を今回も切っているようだ。
(そんなに喰える資格ともいえないのに、そこまで難易度を上げるのかと疑問である)

合格証書と成績の郵送がまだなので詳細はわからないが、おそらく得点上、ギリギリの紙一重のところで救われたと思う。

正月を越えてから、あきらめずに早起きしながら追い込んだ甲斐があった。

無論短時間で頭に詰め込んだものを、
試験の日に吐きだしたにすぎないので、試験後の頭は空っぽ同然。

それにしても、この勉強を通じて、いかに自分の記憶力、
理解力云々が加齢とともに地に落ちたか嫌というほど思い知らされた。

こんなにも一つの事項を覚えるのに時間がかかるのか。

こんなにもすぐに忘却するものなのか。

(これ以外でも、昨今の物覚えの悪さは、本気で自分が若年性アルツハイマーではないかと疑っている。)

この資格を仕事に生かすとするなら、

実務で、必要に即して再学習していくことが必須になるだろう。

実習免除のための実務経験
(知的障害者通所施設・障害者支援施設などでの通算1年以上の勤務)
+
1年半の通信教育(月2本のレポート、3回のスクーリング)、

この資格を取得するために過ごした日々が思われる。


とりあえず一つのチャレンジは終了。





[ 2016/03/16 16:24 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

ハローワークに寄ってみる

近くにきたついでに午前のハローワークに寄ってみる。

長らくここには足を運んでいないが、いつ来てもなぜだか暗い気持ちになる。

社会的落伍者の刻印が自らの身にあることの現実と対峙せねばならないからだろう。

驚いたことに、駐車場には、数年前と同じ場所に、同じ車の同じ人がいる。

数年前の猛暑の時も、

この場に駐車し、エンジンを切り、車内で横たわっていたように思う。

フロントガラスにはサンシェード、

ハロワに寄る気配はなく、運転席でただ時を過ごしているのか。

年配の男性だが、

長時間、いや僕の記憶では数年間、この場所に居続けなければならない事情を思う。




[ 2016/03/07 19:07 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

気になる本が多すぎて

『ミレニアム4』

『ミレニアム』シリーズは、スティーグ・ラーソンによるミステリ小説。全世界で、3部作累計8,000万部もの大ベストセラーを記録し、第1部の『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』は、6代目ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグ主演でハリウッドでの映画化もされている。

 しかし、著者のスティーグ・ラーソンは3部作を書き終え、第1部が世に刊行される前に他界してしまった。『ミレニアム』は全3作で終わったかのように思われたが、同じくスウェーデンの作家、ダヴィド・ラーゲルクランツがシリーズを受け継ぎ、『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』を完成させた。

 最新作『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』は、2015年9月に世界35カ国で刊行。本国スウェーデンをはじめ、アメリカ、ドイツ、イギリス、イタリアなど、20カ国でベストセラー1位を獲得するほどの抜群の評価を得ている。 -excite コラムより-


もうどれくらいまともに本を読んでいないだろう。

昨夏頃から落ち着かない日々を送って、気づけば立春ではないか。

忙しさのピークは一応過ぎたと自覚できると、気に留めてあった本や映画に興味も湧いてくる。

ミレニアム三部作を継承する形で、本家の死後、別の作家が「4」と銘打って世に出したと。

処女作にして遺作、ベストセラーとなった『ミレニアム』
作者の故スティーグ・ラーソンも、後継者の出現を喜んでいるかもしれない。

もう一度あのミカエルやリスベットに会えるならと思うと、やはり本書の存在が気になるのである。


[ 2016/02/03 20:08 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

撃沈 大雪 in うどんの国

昨日この極寒の中、うどんの国で行われた資格試験を受けたのだが、見事に撃沈し寒さに打ちひしがれたのだった。

この記録的な寒波に、試験日がピタッとマッチングされることは少し笑えるが、

朝家を出るときは、無事試験会場までたどり着けるのかと思ったほどだ。

僕の入った試験会場は、
私立高校の講堂で、おそらく200人くらいの受験生がいたと思う。

だだっ広く、
大型ストーブを稼働させているとはいえ、手や耳の冷たさといったら強烈だ。

ネックウォーマーと
足の甲に貼りつけたカイロがなければ、試験中おそらく僕は悶絶したと思う。


僕の隣の受験生(🚹)が解答用紙にマークする度に、

共有の長机をグラグラ揺らすものだから(そんなに力を込めなくともいいだろ!)、

その都度こちらの調子も乱されながらの、4時間だった。

冷静に考えると、あと3ヶ月間くらい準備期間が不足していたと思う。

自分としては全力を尽くせたのでよしとする。

この反省を生かし、意欲が続けばまた他日を期すことにする。



[ 2016/01/25 06:14 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

モモと流星とさつまいも

こう寒くなるとやはり暖を取りたいのか、
風来坊のモモが最近よく家の中に入ってこようとする。

早朝、愛犬ジャックの散歩に出ようとドアを開けると、玄関で待ち構えているし、
(こういう時は玄関先でエサを与えてやります。)

夜は、居間の網戸に身体をアタックさせて、「入れてくれアピール」をする。
シロと違い、モモは以前、
何度か部屋の中におしっこをしたことがあるので基本は入れないが、冬は少しだけ温情をかけてやる。
炬燵の中で二匹が丸まっている光景はなかなか絵になる。

ちなみにモモとシロは四姉妹のうちの二匹で、三女・四女にあたる。
長女のサクラと次女のあんずは、
共に事故で短い生涯を終え、今は天国にいる。 

先日、モモにエサをやったあとのジャックの散歩中、
これがまた凛とした冷気の冴える朝で、西の空に一瞬の流星を見る。
そういえばニュースか何かで話題が取り上げられていたような気がしたものの、流星群の名前は思い出せない。

さて、最近、
仕事では寒さに震えながらさつまいもをひたすらゴシゴシ洗っていることが多く、
人生の不条理を呪っているおとっつあんであるのだが
作業で余ったさつまいも(見栄えは悪く出荷はできないが中身はキレイナ代物)を茹でると、ジャックの大好物となる。

人、いぬ、ねこ、それぞれの年の瀬である。

[ 2015/12/19 16:07 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

麻雀プロの人狼 スリアロ村:第二十一幕

niconico(ニコニコ動画)で「麻雀プロの人狼 スリアロ村:第二十一幕」を見る。

さすがにネットの生放送では何時間も見られないので、

タイムシフト録画したものを、端折って見ることになる。

そうこうするうちに、you tubeにアップされてくるので、そちらで見る場合もある。

人に紛れ込んだ狼を見つけるという単純な構造だが

(狼を殺さないと人間が狼に喰われ、村が全滅してしまう )、

文字通り喰うか喰われるか、究極のサバイバル、この心理戦と頭脳戦は毎回新鮮だ。

人狼 ジンロウ」というゲームは、本当に奥が深い。

初心者の僕は、出場者たちのとる戦略の意味が理解できず、

(ゲームの進行に頭がついていけず)、置いてけぼりを食うこともしばしばだ。

これがまた、興味が尽きない理由だろう。





[ 2015/10/18 16:44 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

フラフラで10月を迎えるのか

風邪やら片頭痛やらでSW(連休中)は丸3日寝込んでしまい、

さらなる片頭痛で歩くことままならず、

急遽、休みを取って這う這うの体で診察に行く始末。

頭を動かすと痛むので、どうしても起居が高齢者のようになり、

名前を呼ばれて振り返るのもスローモーションとなる。



結果、脳には異状なく少しほっとしたが、

どうやら原因は首の歪み等にもあるかもしれないとのこと。

整体的なアプローチの有用性も示してくれた。

思い当たる節が多々あったので、改善に役立てたいと思う。

さてさて…。

決断のタイムリミットが10月だと踏んでいるので、

そろそろ決心せねばならない事項が二、三ある。

ダラダラしてても時間が無為に過ぎてゆくだけだ。

わかっているのだが。

おとっつあん、ご決断を! 

[ 2015/09/28 16:52 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)

1年ぶりの体重計

全くの気まぐれで、1年ぶり(正確には16ヵ月ぶり)に恐る恐る体重計にのってみた。

常々測っていると、逆に、測らなければ落ち着かなくなるのが人情だ。

この1年間の僕のように、

測らないのが日常となると、体重なぞまったく気にならなくなるから面白い。

以前と比べ少し体重は減っていたので一安心といったところだ。

おそらく異動してからのこの2ヶ月の激務のためと思われる。

運動などここ数年ご無沙汰だし、

寝る前のポテチ食いも日常と化しているので、体重増とはならなくとも、

きっとコレステロールや中性脂肪は相変わらずだろうな。

ここのところ試している「酢タマネギの効果には、

ちょっぴり期待しているおとっつあんではある。

[ 2015/09/19 07:11 ] 日記・ライフ・雑感 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
アラフィフ ♂
〇社会福祉士取得

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!
月別アーカイブ