BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

おとっつあんの准看護学生日記&ジャカルタ駐在1000日の忘れ残りの記

2年生になる。そして地獄の実習へ…

50歳を前になんとか准看護学科の2年生に進級し、その余韻に浸る間もなく、またもや「実習」が始まる。

不安とストレスが心の中の大半を占める。

今晩寝られるかな。

実習先の施設も、これまたかなり遠いので、明日は6時には出発せねばなるまい。

さすがに初日から遅刻するわけにはいかない。

いざ現場に放り込まれたら、恐ろしい(?)担当NSにひたすら頭を下げて、付きまとい、指導を仰ぐしかない。

「なにを、どうして、どう動けばよいか」さっぱり僕にはわからないし、結局、アドリブ力やコミュニケーション力が大いに必要になる。

気力と体力がもちますように。

スポンサーサイト
[ 2017/04/10 17:31 ] 准看護学生 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
40代後半 ♂
〇H28.4:准看護学科入学
〇H28.3:社会福祉士取得

〇「1ランク上のおっさんは、数年間の引きこもり、数度の転職を経ながらも、孤独と悲しみの余生をなんとか生きれるぅ!?」

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!