BILA KU INGAT   忘れ残りのインドネシア

アラフィフ看護学生日記&ジャカルタ駐在1000日の忘れ残りの記

学生祭

年に一度の「学生祭」、要は、体育祭(運動会)が行われた。

もとより、走る競技などは、若いメンバーに任せて、僕などはほとんどクラスの応援で、終日楽しませてもらった。
玉入れには出場したが、これがわずか競技期間30秒で、あっという間に出番は終了したのだった。

そもそも公衆の面前に立つことが億劫なのだ。
さすがにこの年齢とこの風貌で、青春を謳歌する世代とともに同じ場にいることが、めちゃめちゃ恥ずかしいのだ。

それにしても、クラスを見渡すと、毎度のことながら、若い世代や女子(おばちゃん子育て世代を含む)などの、懸命の声援には圧倒される。

特に、女子のあのパワーはいったいどこから湧いてくるのか。

早速、クラスのグループLINEには、アルバムに200枚を超える写真がアップされており、クラスメイトの雄姿や仲良しグループの笑顔やら、学生祭の1コマが、これでもかと載せられていた。

僕は無類の写真嫌いだが、レンズを向けられると、無下に拒否することもできず、これがまた苦痛となる。

とほほ。



スポンサーサイト
[ 2018/09/30 16:12 ] 看護学生 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

あぱあぱ

Author:あぱあぱ
アラフィフ ♂
〇看護学生
〇社会福祉士取得

apa-apa
ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
▲一回押してね! おっさんに愛を!